定期配送や軽貨物の事なら名古屋市コウショウ物流株式会社

2023.12.27

需要急増中!軽貨物ドライバーの現状・未来・課題について

こんにちは!東京・名古屋・大阪・九州を中心に全国6カ所に営業所を構える軽貨物配送業のコウショウ物流広報担当です。

これから軽貨物ドライバーに挑戦する方にとっては、そもそも軽配送業界の将来性があるのかこの先も続けられるのか。といった側面も今後の働き方、それから現実的な収入面などにも直結する大きな問題かと思います。そこで今回は軽配送の今後についてのお話をさせていただきます。

軽配送の市場規模と将来性

矢野経済研究所の調査によると、2021年度の日本における軽貨物業の市場規模は約21.5兆円と推定されています。また今後も軽貨物業界は以下の主な要因によりまだまだ市場規模は伸び続けると予想されています!

ECサイトの市場拡大

オンラインショッピングが増えるにつれて、商品を消費者まで届ける必要があります。特に小さな商品や急ぎの配送が求められる場合、軽貨物ドライバーの役割が今後も重要視されると予想されます。

軽配送ならではの効率性

軽貨物車は、大型トラックに比べて小回りが効き、狭い道路や住宅街でも容易に配送できます。これにより、より迅速かつ効率的な配送が可能になり、都市部での需要が特に高まっています。

個人事業主としての働き方の浸透

個人で軽貨物配送事業を始めることは、比較的少ない初期投資で始められる仕事の一つです。また働き方も個人にゆだねられるため自由な生活スタイルを確立できるお仕事とも言えます。そのため独立志向の人にとって魅力的な仕事となっています。

配送サービスの多様化

消費者の要望に応えるため、さまざまな配送オプションが提供されています。これにより、時間指定配送や即日配送など、特定のサービスを提供する軽貨物ドライバーへの需要が高まっています。

軽貨物業界の課題

需要急増によるドライバーの人材不足

このように軽貨物ドライバーの需要は今後も世の中に必要な職業として存続し続けることになると思いますが、まだまだ働き手側の認知度が低いためかドライバーとしての人材が不足しています。贅沢な悩みでもありますが、言わば需要過多が続いています。

これはひとえに軽貨物業界のイメージの悪さ。が原因なのかもしれません。

・なんだか近寄りづらい業界、怖い?

・個人事業主として働く。という選択肢が普及していない

このようにまだまだ課題は山積みです。

こう言った疑問や課題を解決すべく、今後もコウショウ物流はドライバーズファーストの精神で、皆様が働きやすい環境を整えてまいります!

1日でも長い稼働を維持するために軽貨物運送会社と業務委託契約を結んで稼働しよう!

せっかく軽貨物ドライバーに挑戦してくれたからには、少しでもこれまでの会社員生活より自由に。そして楽しく。しっかり稼げる!こういった環境で稼働をしていただきたい。そのためには闇雲に軽バンを一台用意して独りでにドライバーをやるのではなく“豊富な案件数を抱えた安心できる企業”と業務委託契約を結んで稼働することを強くお勧めします。

軽貨物業界は上述の通り市場拡大によりドライバー不足に悩まされているため、初心者でも歓迎される業界ではありますが、だからこそしっかりした環境でスキルアップしながら稼働することで、他のドライバーとの差別化ともなり長く業界から愛されるドライバーになることに繋がります。

今後も将来性・需要様々な面から期待される軽貨物業界で働いてみませんか!?

コウショウ物流のSNS紹介

公式SNSでも情報発信中!